賢いリフォームと物件選びの方法

リフォームする時期

自宅のリフォーム。いつかはしなくては…と思っていても、実際にいつやるべきなのかはなかなか判断が付かないもの。

 

まず、一点言っておきたいのが、リフォームは一度にまとめて行わない、ということである。家の部位によって耐久性も違うので、一度に行うと、早すぎたり、逆に遅すぎて、余計にお金がかかるなどの失敗を犯すことになる。

 

例えば、外壁は素材がモルタルなので10年周期で塗り替え、屋根はトタンなので、5年後とに塗り替え…など、それぞれの場所の改善周期をまずはしっかりと把握しておくが大切です。

 

そして、もう一点は、自分達のライフスタイルに合わせて、必要な時期に行うことである。例えば、両親の事を考えてバリアフリーにしようと考えても、余りに早く対応しすぎると、返って全員が不便になってしまうような場合もある。ライフスタイルが変わる時期に合わせて改修していくことも重要な判断材料なのだ。

 

この二点を考慮したうえで、まずはスケジュールを引き、無駄がでていないかなどは確認しておく必要があるだろう。何度も同じ場所をリフォームするほど無駄なことは無い。計画的に必要な個所に少しずつ手を入れていくことが重要である。